桜の開花時期

まだまだ寒い日もありますが、日中は春先の格好でも外に出れる日も出てきました。
時折、春の訪れを感じます。

春と言えば、卒業、入学・・・そこに欠かせない情景に桜がありますよね。

桜の開花を見ると、せつなくもなり、新しくよし、やるぞ!という気持ちにもなります。
2018年の桜の開花時期は一体いつなのでしょうか。

九州在住の私がお勧めする九州の桜スポットともに紹介していきましょう。

スポンサードリンク

桜の開花時期はいつごろ?

桜の開花時期

桜の開花を知って、春のピクニックやお花見の計画を立てようという方も多いですよね。
私も今年は、ピクニックがてらの昼の桜と、お酒とともに夜桜と両方楽しめたらいいななんて思っています。

天気の良い日が多いことを願います。

2018年の桜の開花時期は、ZEKKEIJAPANによると、東京、名古屋、福岡で3月18日~20日と3月の中旬ごろから、北で5月初旬までに開花し始めるようです。
例年より、1週間ほど早い開花です。

また、満開は開花から1週間経過した頃になりますので、それぞれの地域で開花宣言から1週間の天気をチェックしながらお花見の予定を入れると美しい春の情景が楽しめます。

花見でおすすめの場所はどこ?

桜の開花時期

九州在住の私がお勧めする九州のお花見スポットは、福岡の舞鶴公園。

定番スポットと言えるかもしれませんが、品種豊富な桜はもちろんのこと春はたくさんの美しい花々に囲まれる舞鶴公園は、歩いているだけでお花見が出来る春の散歩にぴったりの場所です。

都会の中にある公園ですが、一歩公園の中に入ると、自然をいっぱい感じられるオアシスのような舞鶴公園でゆっくりとした休日を過ごしてみてはいかがですか。

毎年ライトアップも綺麗なさくら祭りも開催されますので、開花とともにスケジュールをチェックしてみてください。

緑のまちづくり(こちらで舞鶴公園の情報をチェックできます)
ホームページはこちら

スポンサードリンク

桜の開花や花見の体験談をご紹介!!

桜の開花時期

私の桜の思い出というと、今ではこの経験が活かされているんですが、苦い思い出があります。
桜の木の下には実は危険も潜んでいます。

その危険とは毛虫です。

少し暖かくなってきた春先、桜の木の下での肌の露出には気を付けてください。

私も暑くなって着ていたシャツを脱ぎ、半袖で過ごしていたところ、気づかない間に毛虫の毛が手に付着していたようで、帰宅する頃にはひじから下が真っ赤になってしまいました。

アレルギーがある方等は、症状がひどく出ることもあるようなので、場所取りの時には毛虫の発生も気をつけて確認してくださいね!

桜の開花時期まとめ

2018年の開花は、例年より1週間ほど早い開花になりそうです。

入学式の頃まで桜が残っている地域もあるでしょう。

天気の良い日が続き、桜を出来るだけ長く見られる年になるように願うばかりです。

スポンサードリンク