小学校の入学祝い
小学校へ入学すると、子供たちの世界は一気に広がります。社会の仲間入りをする大きな節目でもあり、大切な記念です。

お祝いも心に残るものにしてあげたいと思いつつ、何を贈ればいいのか悩んでしまいますよね。
そこで今回はおすすめのプレゼントや記念のメッセージ、入学祝いの相場についても調べてみました。

スポンサードリンク

入学祝いのプレゼントは何がいい?

小学校の入学祝い
まず贈る相手が孫や甥・姪といった立場によって贈る品は変わってくると思います。当然ランドセルや学習机といった品は両親や祖父母が揃えるケースが多いでしょうから、被らないように調整しなくてはいけません。

あまり金額の大きな品物だとご両親に恐縮されてしまう可能性もありますし、文房具や日用品を選ぶと喜ばれると思います。ただし授業で使いそうなものは学校指定の場合があるので気を付けましょう。

おすすめなのは、実用品。男女問わず喜んでもらえます。家庭で使うものであればキャラクターものでも大丈夫なので、選ぶ方も選びやすいですよ。

例えば時間の感覚が身につく目覚まし時計や腕時計、お小遣いを管理する財布。何枚あってもいいハンカチ、お兄さん・お姉さん気分なお出かけ用のバッグ、意外と後回しになりがちな遠足用のリュックなど。小学生にもなると好みがはっきりしてきますから、好きなキャラクターや趣味をリサーチした上で探してみましょう。

入学祝いのメッセージはどうすればいい?

小学校の入学祝い
メッセージは本人宛なのかご両親宛なのかで違いますが、心のこもったメッセージカードを添えると喜ばれることと思います。

本人宛なら、小学生らしい可愛らしいカードに、一人で読めるように年齢に合わせた易しい言葉で「小学生になるお祝い」と「大きくなってくれて嬉しい」、「学校を楽しんでほしい」といった内容を伝えてみてはいかがでしょうか。

本人とそれほど面識がないのなら、ご両親宛のメッセージを添えると良いでしょう。

スポンサードリンク

小学校の入学祝い金額の相場はどれくらい?

選ぶのが難しい品物より現金での入学祝いを選ぶ方も多いです。
一般的な相場をご紹介しますと、祖父母からは10,000円から30,000円、その他の親戚からは3,000円から5,000円くらいです。金額的にはそれほど大きくありません。

入学祝いは基本的にお返しのないお祝いですから、あまり高額でも受け取った側が恐縮してしまいますので気に留めておきましょう。

ちなみに贈る時期は入学ギリギリではなくひと月ほど前がベスト。小学生ならご両親に渡すのが一般的です。きちんとのし袋に入れて渡しましょう。

小学校の入学祝いまとめ

入学祝いについて、いかがでしたか?

大げさなお祝いではなくて、ちょっとしたものと言葉を添えて「大きくなったね、おめでとう」と本人に伝えてあげるときっと喜んでもらえると思いますよ。

スポンサードリンク