お歳暮とはなに1
「お歳暮商戦が始まりました!

ニュースなどでこのフレーズを聞くとドキッとしちゃうことないですか?

そもそもお歳暮はどんな意味で送るの?
送る時期やマナーは?
なんだか堅苦しそうだけど上司に贈ったほうがいいの?

みなさんはどうされていますか?

そんな疑問についてまとめてみました!!
ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

お歳暮とはなに?贈るマナーは?

「お歳暮」とは簡単にいうと、日ごろお世話になった人に感謝の気持ちをこめて贈り物を贈る古くからの習慣のことです。

そもそも「お歳暮」とは、年末=歳暮(せいぼ)という意味でした。

正月を前にして一年間お世話になった人に贈り物を届ける御魂祭り(みたままつり)というのが起源だそうです。

■その1:お歳暮の今と昔

昔は歳暮回りと言って新しい年を迎えるための必需品として、日持ちのする食品を贈って回っていたそうです。

今では贈り物そのものを「お歳暮」と呼ぶようになっていますね。

実際に、会って一年の感謝をのべてお歳暮を渡す。日本らしい素敵な習慣ですね。
ただ若い人たちからすると、堅苦しい・面倒だなんて思いませんか?

近年では、デパートから直送したり、オンラインショップや通販サイトで贈ることも多くなりましたね。
送り先の都合や、遠方へ贈ることを考えると本当に便利ですね。

■その2:お歳暮を贈るときのマナー

「お歳暮」は誰におくればいいのでしょう。

お世話になった人に贈るので、親戚・上司・取引先・仲人・習い事の先生などですね。

会社で贈る場合、取引先などで儀礼的な贈り物を禁止しているところもあります。

また公務員の場合は金品の受け取り禁止規定があるので、贈ったとしても受け取りを拒否されてお互い気まずい思いをすることになるでしょう。

相手の事情を考慮するのも大切なマナーです。

お歳暮は何を送ればいいの?渡すときのマナーは?

「お歳暮」に何を贈ればいいか悩みますよね。

品物は高価なものでなくても、家族構成・人数・年齢そして相手の好みを考えて、押し付けではなく喜ばれるものを選びましょう!

大手デパートによると、鍋に最適なかにやふぐなどの海産物、年末年始にみんなが集まった時に食べられるようなハムや肉類などが人気なんだそうです。

ビールやフルーツも一定の人気があります。

ほかにも焼き菓子やご当地グルメのお取り寄せ、商品券なども人気があります!

ちなみに筆者は、長野在住なのでご当地のワインや地酒、りんご、信州そば、人気の牧場でクリスマスに食べてもらえそうなハムやベーコン、チーズや焼き菓子を年齢や家族構成を考えてそれぞれ選んで贈ります。

地元の名産品は物珍しいこともあり、喜んでもらえることが多いようです。

それでも好みがわからず悩んじゃう、アレルギーが心配なんてときは、やっぱり商品券が妥当かもしれませんね。

実際に渡すときのマナーとしては事前に訪問日の確認をしましょう、贈り物はデパートの紙袋でもOKですが、風呂敷を使う方が礼儀的にいいかと思います。

品物を取り出し、正面が相手に向くように時計回りに90度ずつ回して差し出します。そして、風呂敷や紙袋は持ち帰りましょう。

宅配で贈るときは、送りっぱなしにするのではなく品物にカードや手紙を同封するか、送り状を出しましょう。

そして、何をどのタイミングで贈るかも大切ですね。
相手の受け取れる日時なども考えましょう。

消費期限の短い生鮮食品はお正月前にする。
忙しくてなかなか受け取れなさそうな人には腐りにくく消費期限の長い物にするなど。

では、その「お歳暮」はいつ贈ればよいのでしょう?

お歳暮の時期はいつからいつまでに送るべき?

お歳暮とはなに2
「お歳暮」はお正月の準備をする前に贈るのがルールとされています。

・関東では12月初旬から12月31日

・関西では12月13日から12月31日

ただし、年末は何かと慌ただしくなり家に居ることも少ないこともあるので20日ころには贈りたいものですね。

賞味期限のあるものや、どうしても年末になる時は前もって連絡しておくと安心です。


お歳暮でのお礼状はどのようにして書いたらいいの?

お歳暮とはなに3
ここまでは贈る側についてでしたが、受け取る側になった場合はどうすればいいのでしょう。
「お歳暮」を頂いたら…

まずは3日以内にお礼の連絡をしましょう。
贈った相手も無事に受け取ってもらえたか不安なはず。

親しい間柄ならメールや電話でお礼をすませても大丈夫です。
ただし、電話やメールは略式なのでお礼状を出すのがマナーです。

お礼状は便箋やはがきに手書きで書くようにしましょう。
何を書いたらいいか分からない場合、とくに決まりはありませんが以下のような流れが書きやすく、一般的なようです。

1)時候のあいさつ 
2)お礼のことば
3)喜んでいる様子を書く
4)先方を気遣う言葉
5)結びの言葉 ここで、来年も変わらぬお付き合いをお願いする一言などをそえてもいいですね。

「お歳暮」にお返しは不要とされているのでお礼状だけでも十分です。
お返しをする場合は、1月1日から1月7日の松の内に「お年賀」としてや、それをすぎてからなら「寒中見舞い」というかたちで贈りましょう。

お歳暮まとめ

「お歳暮」についていかがでしたか、参考になりましたか?

今までお中元もお歳暮も贈らなかったな~、お中元もお歳暮もちゃんとしているわ、毎年お歳暮だけはするよ、といろいろなパターンがあるとは思いますが…

筆者はお歳暮だけはするのパターンです。

相手のことを思いながら品物を選び、喜んでもらえると本当に嬉しいですね。

少し手間はかかりますが、
一年に一度(二度)お世話になった人に感謝の気持ちをこめて贈る…

日本人らしいすてきな習慣だと思います。

【関連記事】
▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!!
お歳暮はいつ頃?贈り方は?贈る時期を過ぎてしまったら?金額の相場まとめ

スポンサードリンク