インフルエンザ流行時期種類1
みなさん、最近急に寒くなりましたが体調を崩していませんか?

季節の変わり目は特に注意したいものです。

中でもインフルエンザには注意したいですよね。

今回はそろそろ流行し始めるインフルエンザについてご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザが流行する時期はいつ?

インフルエンザ流行時期種類2
インフルエンザ菌は気温が15度以下、湿度が50%以下の低温乾燥の状況となると活発に活動すると言われています。

流行するのは主に「A型」か「B型」で、
「A型」はとくに11月~3月、「B型」は2月~3月に多く流行する傾向にあります。

ですので、
まさにこれからの時期11月頃から少しずつ広がり始め、12〜1月の年末年始に ピークを迎えます。

インフルエンザにかかったため、寝正月を過ごした方も少なくないのではありませんか?

インフルエンザの種類と症状の違い

インフルエンザには大きく分けて「A型」「B型」「C型」があります。
このうち季節性のインフルエンザとして、毎年流行しているのは「A型」と「B型」です。

■その1:「A型」インフルエンザの症状は?

「A型」インフルエンザが1番辛い症状を引き起こします。38℃を超える高熱、ものを飲み込むのも辛いほど喉が痛み、さらに関節痛や筋肉痛が起こり、日常生活をするのも大変でしょう。

そして、「A型」はウイルスの形をどんどん変えて進化し続けるため、今までに獲得した免疫が機能しにくくなり、ワクチンの予測も立てにくいインフルエンザウイルスです。

■その2:「B型」インフルエンザお症状は?

「B型」インフルエンザは、お腹の風邪の症状に近く、そんなに高い熱が出ないことが特徴です。また、人と人の間でしか感染しません。また「A型」ほど大きな流行となることはあまりありません。

■その3:「C型」インフルエンザの症状は?

「C型」インフルエンザの症状は鼻水くらいで、他の症状はあらわれないことが多いです。また、一旦免疫を作ると終生持続すると言われており、ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくいのです。


予防接種の効果的な時期はいつ?料金はいるの?

インフルエンザ流行時期種類3
効果的な予防接種の時期としては、
12月までに受けると良いでしょう。

特に13歳未満の子供は2回の接種が推奨されていますので、1回目は10月~11月上旬、2回目は11月中に受けるスケジュールが理想的です。

1回あたりの料金は、平均的には大人が3,500円前後、子供が3,000円前後が多いようです。企業が加入している健保組合によっても、補助の金額が違う場合があるので、摂取する際には、一度加入している健保組合に確認するとよいでしょう。

毎年流行するためインフルエンザの脅威を忘れがちですが、年に1万人ほどインフルエンザで亡くなってしまう方がいるのです。

忙しい時期ではありますが、きちんと計画を立て予防接種を受け、自分と家族を守りたいものです。

インフルエンザの種類まとめ

いかがでしたか?

インフルエンザには大きく3つの種類があり、広まる時期や症状が異なります。

毎年流行するものですから、
正しい知識をつけて予防と対策を行いましょう。

【関連記事】
▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!!
インフルエンザの感染経路とは?初期症状はどんなの?予防と対策は?

スポンサードリンク