草花が芽吹く春は多くの方が好きな季節ですよね。
しかし、花粉症を患っている方にはとても辛く憂鬱な季節でもあります。

花粉症時期

花粉症を患う方には、春と秋、そして一年を通して…なんて方もいらっしゃいます。
ここでは、ほとんどの方が辛い思いをする春の花粉症についてお教えしたいと思います。

スポンサードリンク

花粉症の時期はいつ?

春の花粉症が発症する時期としては、人によってまたは反応する花粉にもよりますが、花粉症を患う多くの方はスギやヒノキの花粉に反応します。

花粉症時期2

そのスギやヒノキの花粉が飛散すると花粉症を発症します。

また、スギとヒノキでは花粉が飛散する時期が少しずれていて、スギの方が早く九州地方では2月上旬から飛散し始めて関東では2月下旬からとなります。

ヒノキはスギよりも一カ月くらい遅く3月下旬から飛散します。

※花粉の飛散時期や量はその年によって変わってきます。

花粉症の症状は頭痛や鼻水咳?

スギやヒノキの花粉が飛散するといよいよ憂鬱な花粉症が発症します。
症状は、毎年のように同じ症状に悩まされる方は多いのですが、症状が微妙に変わる方もいらっしゃいます。
花粉症の主な症状は次のとおりです。

・目のかゆみ(花粉が目に侵入して粘膜に付着した場合)
・鼻水(花粉が鼻に侵入して粘膜に付着した場合)
・鼻づまり(上に同じ)
・くしゃみ(上に同じ)
・ のどのかゆみ(花粉が口に入りのどにまで侵入して粘膜に付着した場合)
・のどの痛み(上に同じ)
・咳(上に同じ)
・ 皮膚炎(アトピー性皮膚炎を患っている方が花粉症を発症した場合に皮膚の症状が悪化する場合があります)
・倦怠感(人によっては熱っぽくなったり、実際に微熱が出て体が怠くなる場合があります)
・ 頭痛(人によっては頭がボーっとしたり頭痛がする場合があります)

※人によって全ての症状が発症する方と一つだけ発症する方がいます。


花粉症の対策方法は?

花粉症は空中に浮かんでいる花粉に反応して発症します。

その花粉が鼻や目また口の中に侵入してそれぞれの粘膜に付着する事が原因なので、花粉症の対策方法としては、その侵入経路をふさぐことが最も有効なのです。

つまり、目にはゴーグルを鼻と口にはマスクをする事なのですが、侵入してしまったら洗い流す事も対策方法としておすすめします。

花粉症時期3

また、症状が重い方は、侵入経路を防ぐだけでなく花粉症の薬に頼るのも一つの対策方法としておすすめです。

最近では専門医で処方される薬の成分も配合されている市販の薬があり簡単に入手する事ができます。

春の花粉症の時期や症状、またその対策方法まとめ

ここでは、春の花粉症の時期や症状、またその対策方法についてお教えしました。

春の花粉症は多くの方がスギやヒノキの花粉に反応して発症します。
その時期はスギの花粉がヒノキよりも少し早い時期から飛散して約一カ月遅れでヒノキの花粉が飛散します。

症状はいくつか記しましたが、人によってその症状が全て発症したり一つの発症だったりします。

対策方法は、マスクやゴーグルなどで花粉の侵入を防ぐわけですが付着してしまった花粉は洗い流して花粉を意識的に取り除きます。

また、花粉症の薬を上手く利用するのも有効です。

スポンサードリンク