敬老の日1
9月には敬老の日がありますね。

シルバーウィークにかかわってくるから日にちは気にしている人も多いかと思いますが、そもそも敬老の日はどういう謂れがあるのでしょうか。

プレゼントを贈るときに、どんなものを贈ればいいの?
どんなメッセージが相応しいの?

そこで今回は敬老の日の気になるあれこれを調べてみました。

スポンサードリンク

2017年の敬老の日はいつ?何をするの?

敬老の日2
毎年9月の第3月曜日が敬老の日です。

2017年は9月18日になります。

秋分の日とは離れてしまったので大型連休にはなりませんでしたね。2003年にハッピーマンデー法が施行されるまでは9月15日と決まっていたので、そちらの方が馴染みのあるおじいちゃんおばあちゃんもいるかもしれません。

敬老の日の始まりは兵庫県の野間谷村で1947年に開かれた村主催の「敬老会」なのだそうで、自発的な「敬老」が全国に広まったのだとしたら素敵ですね。

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことが敬老の日の趣旨ですから、ぜひ日頃の感謝とこれからも元気でいてほしいというメッセージを伝えましょう。

敬老の日のプレゼントは何がいい?

敬老の日3
定番のプレゼントはあるものの、選ぶのが意外と難しいものです。

今はおじいちゃんおばあちゃん世代でも若々しくて老人と呼べないような人が増えましたよね。

老眼鏡や杖などは迂闊に贈れないかも?

「敬老」を前面に打ち出したギフトなども迷います。

一般的なギフト商品から選ぶのも方法ですね。いっそ欲しいものを聞いてしまうとすれ違いもなくていいかもしれません。

お子様がいらっしゃるのでしたら、お孫さんからのプレゼントをぜひ用意しましょう。

手作りでしたらさらに喜ばれること間違いなしです。描いた絵を贈るのは定番ですが、小さなものを加工してキーホルダーやしおりにしたり、ラミネート加工しておくと特別なプレゼントになりますよ。

小物入れや眼鏡ケースなどちょっとした工作でもいいですね。

お孫さんと一緒にものづくりをする方法もあります。
おじいちゃんおばあちゃんの得意なものを教えてもらいながら作ると良い思い出になりそうです。

一緒に買い物に行ってプレゼントを選ぶ、という「孫とデート」もアリかもしれません。


敬老の日のメッセージは何がいい?

実はプレゼント以上に難しいお祝いメッセージ。

孫から祖父母宛てのものでしたら素直に書いてもらうことが一番ですが、子供の立場から贈るメッセージの場合、長寿や健康を強調しすぎると老いを強調されているようで気分を害されるかもしれません。

両親には素直な気持ちで「これからも健康でいてね」と伝えるのがベストでしょうか。

義理の両親となると特に気を遣いますが、日ごろの感謝を一般的な文章で伝えると良いと思います。

敬老の日まとめ

敬老の日をお祝いする時に気になるポイントをいくつかまとめてみましたが、いかがでしょうか。

最終的に大切なのはお祝いと感謝の気持ちです。

楽しく思い出に残る記念日にしてくださいね。

スポンサードリンク