紫外線対策1
沖縄では年中日焼け止めクリームをつけるのが当たり前です。

面倒だからと言っていると将来子どもが大きくなったときには手遅れで皮膚がんや眼病を引き起こしてからは遅いです。

病気になってから後悔するより今からでも遅くはないと思います。

皆さんはどんな紫外線対策をしていますか?
塗るタイプの日焼け止めと飲むタイプの日焼け止めどちらが効果あるのでしょうか?

まずは正しい知識で今年の紫外線対策を一緒に考えていきましょう!?

スポンサードリンク

子ども向け日焼け止めクリームオススメ商品は?

紫外線対策3

■その1:ママたちに人気の「ママはぐ日やけ止めジェルSPF25PA+++(ロート製薬)」

ママたちに人気の「ママはぐ日やけ止めジェルSPF25PA+++(ロート製薬)」は、ポンプ式で使いやすく、SPF25で日常使いにオススメの商品になります。

特徴としては、ジェルタイプで塗りやすく肌になじみやすい事と、べたつかず弱酸性で低刺激ですから子どもにも安心して使用頂けます。専用のクレンジングは必要なく石鹸で落とせます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママはぐ 日やけ止めジェル SPF25 PA+++ 100g【楽天24】[ロート…
価格:853円(税込、送料別) (2017/8/7時点)

■その2:「サンベアーズコドモS SPF20 PA+(メンターム)」

「サンベアーズコドモS SPF20 PA+(メンターム)」は、紫外線吸収剤を使用せず弱酸性なのでとても肌に優しい商品になります。

特徴としては、お肌に潤い成分も入っており、べたつきのない使用感でウォータープルーフなのに石鹸で落とせる。携帯サイズでお出かけ用にも最適です。

■その3:「マミーUVマイルドジェル SPF30 PA+++(伊勢半)」

「マミーUVマイルドジェル SPF30 PA+++(伊勢半)」は、90%食品成分で作られており、可愛い入れ物で子どもにも人気がある商品になります。

見た目が可愛いので、忘れがちなママにオススメです。

玄関やリビングなどに置いておけるのと、ポンプ式ですからパッと塗りやすい点でいいと思います。
SPF30なのでお外遊びには最適です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マミー UVマイルドジェルN 100g
価格:670円(税込、送料別) (2017/8/7時点)

私的にはポンプ式が好みです。子どもと一緒に遊びながら楽しく紫外線対策をとれるので、出かける前は必ず塗るように心がけております。

>>>楽天市場のUVカット・紫外線対策特集

子ども向け飲むタイプの日焼け止めオススメ商品は?

飲む日焼け止めを使用できる年齢は「4歳~」服用できるとのことです。

皮膚科医の見解ですが、飲む日焼け止めの成分の殆どが柑橘系やハーブに天然由来成分が含まれておりますので、副作用もなく子どもが飲んでも問題ないみたいです。

利点として、塗り直ししなくていい事と紫外線への蓄積ダメージを抑え、肌へのダメージが殆どないという事です。

選ぶポイントとして、
1,100%植物由来成分であること
2,日本製で高品質管理基準であること
3,主成分ニュートロックスサンが入っているということ。

ポイントを押さえた商品を紹介したいと思います。

■その1:ディパラソル

ディパラソルは、100%植物由来成分で作られています。日本製。小さなカプセルになっており1日1カプセルだけを飲みますから子どもにいいと思います。

■その2:サンタンブロック

サンタンブロックは、医師監修で骨を作るビタミンDも入っているのが特徴です。

紫外線対策サプリメントを飲むと日光から作られるビタミンDを不足しがちにならないようにと考えられた商品になります。

■その3:ホワイトヴェール

ホワイトヴェールは、モデル達も愛用しているとインスタでもよく見かけるようになりました。

美容成分も入っていますので、親子で飲むといいと思います。

こちらは定期購入というのはなくなったみたいで、いつでも解約ができる利点です。

子どもには「メディパラソル」がいいなと思います。
美容成分はまだ子どもには必要ありませんし、ビタミンDは牛乳などで摂取できると考え選んでみました。


紫外線対策を怠るとどうなる?

紫外線対策をきちんとしていないと、紫外線の影響で皮膚がんやホクロ(良性もあるが錏悪性もある)が増え、目の病気として白内障に翼状片(よくじょうへん)があります。

翼状片あまり聞かない病気ですね、黒目の中に白い塊が大きくなり字がぼやけてしまうなどの視力低下をおこす病気だそうです。

こちらは近年増えてきているみたいで、紫外線対策には帽子・サングラス・日傘も必需品になりますね。

子どもの紫外線対策まとめ

今回は「【子どもの紫外線対策】クリーム?飲む?オススメはある?」を紹介させて頂きました。

昔と違って今は紫外線対策をとらないと怖い事になることを理解して頂けたでしょうか?

もし、自分の子どもが病気になってしまったらと考えるだけで、本当に悲しいですね。

少し手間をかけるだけで予防に繋がりますから、これから毎日対策をすることをお勧めします。

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めを一緒に使うとより効果を得られると思います。

スポンサードリンク