花火大会
家族と行った仙台七夕花火大会!!

仙台で一番大きな花火大会で、たくさんの人が観に来ますので、今年も夏が始まったなぁと感じられるところが、この花火大会の良いところだと思います。

規模としては秋田の大曲の花火大会など、大きな花火はたくさんあるのだと思いますが、仙台といえばやっぱりこれです。

そんな仙台七夕花火大会の、
有料観覧席で観たけど失敗した内容や、
2018年の日程そして屋台情報などご紹介!!

ぜひこれを参考にたのしんでください。

スポンサードリンク

仙台七夕花火大会日程は?雨の時は中止?有料席はあるの?屋台は?

花火大会
(1)花火大会の名称:仙台七夕花火大会(前夜祭)

(2)エリア:宮城県仙台市青葉区の大町西公園周辺

  打ち上げ場所:東北大川内キャンパス

(3)日程:2018年8月5日 

(4)雨の時は?小雨決行、荒天で延期(七夕飾り終了の後夜祭になる)

(5)打ち上げ数:2018年は未定、2017年は約1万6000発

(6)有料観覧席:2017年はあり、2018年詳細未定だが、いつも有料席はある

   販売時期は7月頃、金額は24000円?3000円ほどで席のグレードがある

(7)出店は?:あり(約100店舗ほど)

仙台七夕花火大会の有料観覧席体験談

前夜祭の花火はとても混みますから、人が少ない場所で、あらかじめ整備されているところで静かに花火を観れるのはストレスが少なくて良かったです。

有料観覧席付近の西公園付近の公道は交通規制で一般開放されますが、場所取りが激しいので、その手間を考えると、まあお金を払う価値はあるのかなぁと。

しかしこの西公園の一番高い有料観覧席。花火が木に隠れて全然見えないんです!

昔は広瀬川の河原かどっかで打ち上げてたそうで、その時代は西公園からも見えたのかもしれませんが、川内キャンパスで打ち上げられる花火は、西公園からは近すぎるのか、木が高すぎるのか、とにかく見えません。

2017年にこの席でみましたが、天候不良だったのも原因かもしれません。

バーンバーンと、花火の音と光、煙だけ見えて、あまりオススメできませんでした・・。

でも、花火をするにはお金がかかりますから、どうせ募金するなら、有料観覧席買って貢献する方が良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

おすすめの穴場スポットはどこ?

私は何度も前夜祭の花火は見ていますが、花火を見るなら、大町の道路が意外と穴場です。

西公園から少し離れていて、屋台の喧騒も感じられず、空いていますし、わりとのんびりと花火を見れますよ。

2017年は有料観覧席が不調だったので、こちらに移動したら綺麗に見えました。

また、二高も一般開放されるので、そこもおすすめです。

こちらは高校ということで安全ですし、激混みの道路よりもゆったり見れますね。

本格的に見たい!という方はやはり中ノ瀬橋です。

有料ですが、子供の頃にこの橋で見たときは感動しました。

今は打ち上げ場所が川内キャンパスになっているので、迫力のほどはどうなっているかわかりませんが、打ち上げ付近で見るのがやはり一番迫力がありますね。

1・藤崎からヴィトンへ下り、右折し、西公園へ向かっていく途中の大町の道路。

大町の道路は西公園に近いにも関わらず、人がそこまで多くなく、歩きながらゆったり見れます。

2・仲ノ瀬橋

仲ノ瀬橋は有料席ですが、花火が落ちてくるような感覚で楽しめます。普段座ることのできない、橋の道路に座れるのも楽しいです。

3・西公園の公道

西公園の公道は屋台も近く、無料で座れるのでおすすめです。屋台を楽しみながら花火を観たい人はやはり西公園の近くがいいですよね。人気の場所なので場所取りは大変ですが、花火もよく見えて良いと思います。

仙台七夕花火大会まとめ

トイレが激混みでなかなか入れないので、近くにある地下鉄大町西公園のトイレに行ったら、そこも激混みでした。お酒を飲みながら花火を観てると、やはりトイレの問題が大変ですね。

屋台は早めに行くか、宴会をするならデパ地下などでおつまみを早いうちに買ってから、場所取りした方がいいです。

有料観覧席であっても、花火がしっかり観れるのか確認してから買った方がいいと思います。

仙台の中心部でも見えない場所はあるので、私のオススメの場所を参考にしてみてください。

もしくは、事前にリサーチして行くことをおすすめします。

スポンサードリンク