長良川花火大会
東海地方にお住みの方なら誰もが知っている夏の風物詩『長良川花火大会』!!

今回は、長良川花火大会の今年の開催日程や、詳しい情報などを一早くご紹介します!

スポンサードリンク

長良川花火大会の日程はいつ?雨の時は日程変更?中止?駐車場はある?

長良川花火大会

長良川花火大会の日程はいつ?

長良川花火大会は、長良橋下流の長良川河畔で行われていて、2週に渡って開催されます。

1日目は、7月の最終土曜日に開催される中日新聞社主催の『全国選抜長良川中日花火大会』!

2日目は、8月の最初の土曜日に開催される岐阜新聞、岐阜放送主催の『長良川全国花火大会』!

この2つの花火大会を合わせて『長良川花火大会』と呼んでいます。

今年は、7月28日土曜日と8月4日土曜日に開催予定です。

『全国選抜長良川中日花火大会』は、昼と夜の2度に渡り、打ち上げられます。

昼の部は正午~午後7時15分まで行われ、これは音花火をメインとされています。

午後4時からは15分、10分、5分置きと間隔を縮めて打ち上げていきます。

夜の部は午後7時20分~午後8時35分まで行われ、日本煙火芸術協会銘品集をはじめとする花火が打ち上げられます。

『長良川花火大会』は午後7時30分~8時45分から打ち上げられます。

雨の時は日程変更?中止?

小雨の場合は、決行されます。

荒天・河川増水の場合は、昨年の情報によると、『全国選抜長良川中日花火大会』は、8月の第3土曜日に延期、『長良川全国花火大会』は8月の第4土曜日に延期されています。

駐車場はある?

無料臨時駐車場が2か所用意され、会場までシャトルバスが運行されています。

※片道運賃おとな210円・こども110円

1,北岸一日市場・臨時駐車場(岐阜市西中島)
 (岐阜環状線「菅生6」交差点を西進)

2,岐阜県庁・臨時駐車場(岐阜市薮田南2)
 (国道21号線「岐阜県庁前」交差点を南進)

岐阜市内中心部(岐阜駅前・柳ヶ瀬周辺)には有料の民間駐車場もあります。

また、会場周辺で、一般のお宅の駐車場を有料で開放しているところもあります。

例年、花火大会当日、岐阜市内は午後から大幅な交通規制が敷かれ道路が大変混雑し、帰りも深夜近くまで渋滞します。

車が停めれないということもありますので、公共交通機関で来られることをオススメします!

公共交通機関をご利用の場合は、名鉄岐阜駅・JR岐阜駅下車(名鉄・JRとも臨時ダイヤ・車両増結等で運行予定)

岐阜バス鵜飼屋バス停下車。

または午後4時ごろから花火会場行き臨時バスが運行されます。

長良川花火大会、有料席はある?おすすめスポット!

長良川花火大会
長良川花火大会は、有料席が用意されていません。

でもご安心ください!

初めての方でも大丈夫!

観覧にオススメの場所をご紹介します!

◆長良川球場

サンサンデッキ、芝生広場、長良川球場内野席が、花火鑑賞の場として、無料開放されています。

朝から解放されているので、早く場所取りしたい方にオススメ!

レジャーシートを持って出かけましょう。

地元の方も花火大会のときに利用するそうなので、穴場として間違いないと思います!

◆金華山

一味違った花火を楽しみたいなら、金華山!

ロープウェイを登って、花火を上から鑑賞することができます。

夜景と花火のコラボレーションをぜひ楽しんでみてください!

ただ、ロープウェイの混雑が予想されますので、早めに登ることをオススメします

◆長良川うかいミュージアム

川沿いに面していて、花火の打ち上げ場所からも近い場所です。

駐車場とトイレがあるのがうれしいところです。

◆長良川金華橋の南側

長良川金華橋の南側は、打ち上げ場所からすぐの場所なので、間近で迫力ある花火が見たい!という方にオススメのスポットです。

◆長良橋の下流北岸(長良川公園)

打ち上げ場所の正面にあたる長良橋の下流北岸(長良川公園)付近はオススメです!

しかし、最も込み合う場所でもあり場所取りも大変な場所なので、覚悟して早めに行くことをオススメします。。

スポンサードリンク

長良川花火大会の体験談!

2015年の8月の第1土曜日に行われた『長良川全国花火大会』に行ってきました!

午後3時ごろに会場周辺に到着しましたが、無料の駐車場はすでに満車だったので、車でうろうろしていると、民間のお宅の駐車場を有料開放しているところがあり、花火の打ち上げ場所からも近かったので、そこに駐車することにしました。

到着して、まず場所取りをしました。

特に下調べもせず、人がたくさんいる河川敷へ行き、空いているスペースに、大人4人が座れる分のレジャーシートを敷きました。

この時点では、思ったよりもスムーズに場所取りができましたが、もっとゆったり広々見たい!という方は、もう少し早く会場に到着していた方が良いかもしれませんね。

花火が始まるまではまだまだ時間があったので、屋台でつまみとお酒を購入して、座ってゆっくりしていました。

7時を過ぎて、花火が始まりました。

私が見た場所は、出店が並んでいるあたりの河川敷でした。

花火打ち上げ場所からも近く、とても綺麗に、そして迫力のある花火を見ることができました。

最後に連発して打ち上げられる花火には、圧巻でした。

1時間近く打ち上げられましたが、あっという間の時間でした。

川沿いで見ているおかげか、そこまで蒸し暑くなかったように思います。

帰りは、やはり大渋滞で、渋滞を抜けるのに1時間ほどはかかりました。

次の日が日曜日なことがありがたいですね!

でも、この花火大会に来ると、夏を満喫できたような気がします。

次に長良川花火大会に行くときは、金華山から見る上からの花火を見てみたいと思います。

長良川花火大会まとめ

いかがでしたか?

今回は、岐阜県で行われる『長良川花火大会』について、ご紹介しました。

毎年35万人ほど訪れる大きな花火大会です。

行ったことがある人は、いつもと違う場所で、初めての人は、オススメの鑑賞スポットで、ぜひ、長良川花火大会を楽しんでみてください。

スポンサードリンク