お中元

「夏のご挨拶」とも言われる「お中元」ですが、日ごろ、お世話になっている方に感謝の気持ちと、これからも変わらぬお付き合いを、という思いを込めて贈るものですので、失礼のないようにしたいですよね。

ここでは、お中元の由来や意味、時期やお礼状についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

お中元とは何?意味や由来は何?

お中元

日ごろお世話になっている方への感謝の気持ちや、またこれからも宜しくお願いしますという気持ちを込めて贈る、「お中元」ですが、そもそも、お中元の由来や意味をご存じですか。

中元は、もともと中国に端を発する「道教」の三元の行事の一つで、
旧暦の1年を2回にわけて、その節目となる7月15日のことを「中元」と言います。

日本では、中元はちょうど、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と時期が重なり、盂蘭盆会は、先祖の冥福を祈り供養する行事でした。

この、道教の「中元」と仏教の「盂蘭盆会」の行事が融合していったもので、先祖の霊にお供え物をしたり、お世話になった家や人に贈りものを贈ったり、という習慣が、「お中元」の始まりだそうです。

現代では新暦の7月15日、または、8月15日に行われます。

この時期にお世話になった方に、贈りものをする習慣のことです。

お中元の時期は、いつからいつまでなの?

お中元

お中元の時期ですが、関東と関西で少し違ってきますので注意が必要です。

関東ですと、7月初旬~7月15日まで、関西ですと、7月下旬~8月中旬まで、に贈るのが一般的とされています。

ただし、もし時期を逃してしまっても、それ以降~立秋(8/7)までは、「暑中御見舞」、それを過ぎると「残暑御見舞」として贈ることは可能です。

スポンサードリンク

お中元お礼状はメールでもいいの?書き方は?

お中元を頂いても、基本的にはお返しは必要ありませんが、なるべく早くお礼状を出しましょう。

親しい間柄の方であれば、届いたらすぐに電話やメールでお礼の気持ちを伝えても良いでしょう。

しかし、電話やメールはあくまでも略式で、正式にはお礼状を出すのがマナーです。

特に目上の方の場合は、ハガキでも良いので、手書きのお礼状をおススメします。

お中元を持参された場合には、突然の訪問でなければできるだけお部屋にお通しし、お中元の品を差し出されたら、必ず両手で受け取り、お礼の言葉を述べましょう。

お礼状を書く場合の主なポイントは、お礼の気持ちを述べること、自分だけでなく家族も喜んでいる様子を伝えること、1年で最も暑い時期なので相手の健康を気遣う言葉を入れること、などがあげられます。

例文をご紹介しますので、参考にしてください。

例1.

暑中お見舞い申し上げます。

毎日、暑い日が続いておりますが、お変わりなくお元気でお過ごしでしょうか。

この度は、ご丁寧にお心遣い頂きまして、本当にありがとうございました。

素敵なお品に、子ども達も大喜びしております。

奥様にもどうぞ宜しくお伝えください。

まだまだ厳しい暑さが続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

取り急ぎ御礼まで

例2.

拝啓

猛暑の候 貴方様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、この度は、お心のこもったお品をお送り頂きまして、有難うございました。

いつもながら細やかなお心遣いに、恐縮するばかりでございます。

家族も皆、大変喜んでおりました。

略儀ながら、書中をもちまして御礼申し上げます。

暑さ厳しき折柄、どうぞご自愛下さいませ。

敬具

お中元まとめ

いかがでしたか。

お中元の時期が、関東と関西で違うので、時期を外さないように注意して下さいね。

また、お礼状は、贈る相手との関係にもよりますが、手書きでのお礼状ですと、どのような相手の方にも失礼がないと思いますので、ぜひ、参考にしてください。

スポンサードリンク