お中元のお返し
実家にいる時は親任せで、あまり関係のなかったお中元ですが、
結婚して独立すると、お中元も知っておかなければならない行事になりますね。

お中元は日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝える大切な機会です。

でもお中元は贈るだけでなく、贈られることもありますよね。
今回はお中元のお返しのマナーについてご紹介します。

スポンサードリンク

お中元のお返しは必要なの?

お中元のお返し
お中元をいただいたら、間をおかずにお礼状を書きましょう。
お礼状が届くことで、品物が届いた事を報告できますし、感謝の気持ちを文面で伝えることが出来ます。
お返しをする場合は、お礼状を出した後に、品物を贈りましょう。
お礼状の正しい書き方や文例は簡単に検索すれば出てきますので参考にしましょう。

お中元はお世話になった目上の方に、目下の方から贈るのが一般的です。
その場合は、お返しの品を贈る必要はありませんが、お礼状は出しましょう。

お中元のお返しマナーは?時期や金額はどれくらい?

お礼状を出したら、お返しの品を贈ります。
お中元のお返しにも時期があります。
関東では7月15日~8月7日の立春まで。
関東では8月15日までになります。
金額はいただいた品物の同程度か半額ぐらいの物を贈るといいでしょう。

品物は、夏の疲れを取る飲み物や食べ物を贈ると喜ばれます。
ソーメンやビール、ゼリーなどが一般的でしょう。
ちなみに、もらって嬉しかったお中元ランキングを見てみると、
1,洋菓子
2,カタログギフト
3,酒類
4,ハムなどお肉類
となっています。

マナーとしては、目上の人には身につける物や踏みつける物を贈るのは失礼とされています。
また、お中元にいただいた物と同じ物を返してはいけません。

スポンサードリンク

お中元のお返し遅れた場合はどうすればいい?

お中元のお返し

遅れてしまった場合でも、まずはお礼状を贈りましょう。
お中元のお礼が遅れてしまった場合の例文もネットで検索すれば出てきますので、参考にして送りましょう。

それからは速やかにお返しの品を贈ります。

よほど親しい場合はメールや電話でもいいでしょうが、目上の方にははがきでもいいので手書きの礼状を書きましょう。

お中元のお返しまとめ

今回は「お中元のお返しは必要なの?マナーは?時期や金額はどれくらい?遅れた場合はどうすればいい?」についてご紹介しました。

お中元のお返しを贈るのが遅れた場合の対処方法も記載しましたが、
できるだけ早めに準備をして遅れることがないようにするのがいいですよね。

是非参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク