お中元の時期

そろそろお中元の準備をしなくてはいけない時期になってきました。
上半期お世話になった方へ、これからお世話になる予定の方へ心を込めた品をお送りするのが日本では昔ながらの慣習となっています。

さてここで1つ疑問なのですが、みなさんはお中元を贈る時期を正確にご存知ですか?
なんとなくこの辺りかな?と言う感じで贈っている方が多いのではないでしょうか。
時期がずれると相手に失礼にあたるだけでなく、マナーのない人と思われてしまいますのでここでしっかりと覚えて頂ければと思います。

スポンサードリンク

一般的なお中元の時期はいつなの?

お中元の時期

一般的にはお中元は7月1日から7月15日までに贈る物だと言われています。
百貨店を中心にギフトの準備は6月から始められているので贈る時期が徐々に早まっているのが実状です。

開始が早くなっても終わりは7月15日頃と覚えておけば時期が過ぎてから贈ってしまうといった失敗は防げますね。

さて冒頭で「一般的には」と記載しましたが、この一般的が適応するのは「東京をはじめとした関東地方」を示します。
日本の首都は東京ですので「一般=東京=関東地方」は納得です。

関東のお中元の時期の特徴として2週間と言う短い日数があげられます。
昔はこの期間にみんながお中元を持参していました。最近では持参は少なく配送が中心となっています。ただ、お中元の発送が集中して日付の指定や時間の指定通りに配達されない事が多くなり、それならば早めに贈ろうと贈る日自体が早まって行ったのです。

お中元の時期で比較されるのは関東と関西

お中元の時期

関東と比較されるのはやっぱり関西ですよね。

関西地方でのお中元の時期は7月15日から8月15日までとされています。

この時期となったのには旧暦のお盆の時期が大きく関係しています。

昔はお盆で集まった親類に「盆礼」として進物を渡す習慣がありました。これが現在のお中元に繋がっていると考えられています。

スポンサードリンク

お中元の時期で他にも時期が決まっている地域はどこ?

他にもお中元の時期に決まりはあるのでしょうか?

~北海道~

7月15日から8月15日まで。
ちょうど旧盆の時期に合わせてお中元を贈る習慣があります。
時期が1ヶ月と長く余裕がある為、じっくりと相手に合った品を選ぶ傾向が強いです。
ただし、近年では他の地方から贈られてくる時期が早くなっているので北海道でも早めに送る人が増えてきています。

~九州~

8月1日から8月15日まで。
他の地方と比べると比較的遅い時期にお中元を贈るようです。
関東と比べると丸々1ヶ月もずれる事になります。最近では時期が「開きすぎ」と感じる人が早めに贈る準備を進めています。

~沖縄~

旧暦の7月15日まで。
沖縄では旧暦に合わせてお中元の時期が決まります。その為、毎年時期が異なるので送り先が沖縄の場合は注意が必要です。

贈る人が住んでいる地域と贈り先が別の地域になる場合は相手方に合わせて届く日を調整しなくてはなりません。

●お中元の時期を新暦で見るのか旧暦で見るのかによって大分日が変わってきます。
関東では新暦、関西では旧暦を基準としているので時期が違って当たり前なのですね。
ただ、経済は日本の中心である東京から動いていると言っても過言ではありません。他の地方が徐々に関東(新暦)に合わせてきているので昔から比べるとずっと早く贈るようになっています。
そこで贈る時期に迷った人にご提案です。
どの地方でも贈られて問題の無い日に贈れば良いのではないでしょうか?
それは「7月15日」です。
この日であればどの地方にも含まれています。(九州はまあ例外としましょう)
贈る相手がどの地方に住んでいても大丈夫です。

お中元の時期まとめ

いかがでしたか?

今回は「お中元の時期」についてご紹介しました。
お中元は感謝の気持ちを形にして相手へ贈る事です。

相手が遠方の方であればある程、贈る時期が重要となってきます。
早めに贈る事は失礼には当たりませんが、お中元ののしが付いているにもかかわらず時期が

過ぎてしまっていると問題です。
もし時期が過ぎてしまっていた場合には「残暑見舞い」としてお贈りしましょう。

スポンサードリンク